イメージ 1

新撰組副長・土方歳三の愛刀と伝わる刀が発見されました。銘は大和守源秀國。

表銘文 大和守源秀國 秋月種明懇望帯之

裏銘文 幕府侍土方義豊 戦刀 慶応二年八月日 秋月君譲請高橋忠守帯之

イメージ 2

土方歳三の愛刀は数々、発見されています。一番有名な愛刀は會津和泉守兼定11代ですね。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

拵えは、実戦向きの強固な鍔や柄頭や鐺を使っていて鞘は朱色の石目塗に鳳凰をあしら得た実戦向きながらも、上品な華美のあるデザインです。

イメージ 9

イメージ 10

刀身は會津和泉守兼定11代の作刀です
刃こぼれや研ぎべりがあり戊辰戦争~函館戦争期に実戦に使われた様です。敵兵士を数人斬り倒した証でしょう…。

土方歳三は戦場から逃げようとした味方兵士を、一刀の元に斬り倒し(退く者は斬る!)…と一喝したと記録に残っています

しかし土方は、その斬り捨てた者の為に墓を作ってやっているので思い遣りのある人だったのでしょう。